有機野菜宅配の情報を分かりやすく発信していきます。

怖い産地偽装

本日の有機野菜宅配ニュース(2013年10月05日)

本日(2013年10月05日)の有機野菜宅配に関係するニュースを紹介させていただきます。
※筆者は千葉県在住のため、千葉ローカルニュースも記載させていただいております。

ニュース一覧

(1)コメ産地偽装:巧妙手口で「浄化」 三重の業者
参照:2013年10月05日付/日本経済新聞/朝刊等他多数
(2)農地保全の対価支払制度、また延期 農水相見通し
参照:2013年10月05日付/朝日新聞/朝刊

筆者より一言

今日は「(1)コメ産地偽装:巧妙手口で「浄化」 三重の業者」について。
またもやこういう産地偽装の問題が出てきてしまった。三重の業者(三瀧商事)が外国産米を国産米として4400トンを販売した。今回のニュースのポイントは、イオン経由でも流通したため、流通量が4400トンと過去最大となったことだ。
さらに、全く別の観点で残念なことは三瀧商事という三重県ではそれなりに大きい会社であるが、大企業or中小企業で言えば、中小企業だ。こういうことが起こると、政策がさらに大企業向けの優遇政策になってしまう。こういう中小企業の一つ一つの不祥事が、真面目に事業をしている中小企業の全ての人間の首を絞めているということを本当に忘れないでほしい。このような中小企業による不祥事がなくならなければ、政府の打ち出す法人減税など様々な政策がどうしても大企業よりになってしまう現状はもしかすると変わらないのかもしれない。

バックナンバー

~前日のニュースはこちら~


有機野菜の基礎知識と最新情報

有機野菜の基礎知識と最新情報

Copyright © 有機野菜宅配インフォメーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.