本日(2013年11月1日~11月5日)の有機野菜宅配コラムです。
ご確認よろしくお願い申し上げます。
※筆者は千葉県在住のため、千葉ローカルニュースも記載させていただいております。

ニュース一覧

(1)所得補償 段階的に廃止 農水省案提示 減反と一体にらむ
(2)いつか種を 村の土に 飯館独自の野菜守る
以上 参照:日本経済新聞/朝刊
(3)コメ生産量「農家が判断」 農水省 減反廃止案に明記
(4)クール便 現場は悲鳴 「時間指定」も負担/クール便配達も常温 ヤマト運輸 繁忙期に多発か
以上 参照:2013年10月31日/読売新聞/朝刊

筆者より一言

今日は(4)のヤマト運輸のクール便が常温だった問題について。信頼していた宅配サービスだけあってショックだった。僕は何回か引っ越しをしているので、色々な営業所のヤマト運輸の配達員の方に出会ってきましたが、彼らが不真面目だと感じたことはあまりなかったような気がする。それでも、今回このような問題が起こった。これは「クール便」、「時間指定」等と僕たちが今まで当たり前だと思っていたサービスが実は当たり前でなはないということだったのかもしれない。春夏秋冬問わず冷たいものを注文して時間通りに商品が届く、しかも運賃は極めてリーズナブル。そのこと自体、無理があったことだったのかもしれないと思う。インターネットを中心に色々な技術が発達し、便利になったこの世の中。ある程度「不便」という受け入れて生きるということが求められているのかもしれない。

バックナンバー

~前日のコラムはこちら~