本日(2013年10月28日)の有機野菜宅配コラムです。
ご確認よろしくお願い申し上げます。
※筆者は千葉県在住のため、千葉ローカルニュースも記載させていただいております。

ニュース一覧

(1)島に花を残して 74歳「新たな特産」挑んだ矢先(台風26号被害)
以上 参照:2013年10月28日/朝日新聞/朝刊
(2)三井不動産、千葉県に国内最大級の野菜工場 農業VB「みらい」と組む レタスやハーブ生産
(3)聖域縮小「妥当」53% TPP内閣支持率、横ばい66%
以上 参照:2013年10月28日/日本経済新聞/朝刊

筆者より一言

今日は新聞記事以外から。
少し時間が空いたので、9月3日にNHKで放送された「遥かなる私たちの大地~飯館村 放射能と闘う農家~」を録画しておいたので見ることにした。東日本大震災で被災した農家の人たちが今どう生きているかを描いたもので、現在の被災地をまた違う観点で自分の中で感じるものがあった。番組では東京電力の賠償金を元手に避難先で畜産をしている人たち、移転先で花をつくる農家の方、飯館に戻るor戻らないで揉める夫婦の農家の方・・・そんな人たちが報じられていた。最後には多少前向きな形で番組は締めくくられていたが、番組を総じて、あまり前向きな被災者の方たちコメントは無かったように感じた。しかしなぜか、筆者は番組を見た後、被災者の方たちに励まされたような気がしていた。
未だ原発の問題など被災地における現状は厳しい。様々な環境に不満を言いたくなるし、言う。それでも「何とかして生きて行こう」という被災農家の方たちの気概、人間の強さに深く感銘を受けたような気がする。今度は筆者がこの人たちに恩返しをしたい。

バックナンバー

~前日のコラムはこちら~