本日(2013年10月24日~25日)の有機野菜宅配コラムです。
ご確認よろしくお願い申し上げます。
※筆者は千葉県在住のため、千葉ローカルニュースも記載させていただいております。
※記事アップが遅れ、大変失礼いたしました

ニュース一覧

(1)キュウリやトマト高値 店頭価格 気温低下で出荷減
(2)台風26号被害 農林水産20.9億円(千葉県)
以上 参照:2013年10月24日/日本経済新聞/朝刊
(3)コメ減反政策、見直しへ 背景にTPP交渉
(4)従事役員1人でOK 戦略特区 農業生産法人で方針
以上 参照:2013年10月24日/朝日新聞/朝刊

筆者より一言

「(4)従事役員1人でOK 戦略特区 農業生産法人で方針」について。もしこれが実現すれば、農業生産法人の役員が農作業よりも、経営戦略などに専念できることになる。実に健全な流れだと筆者は思う。通常の企業であれば、役員が実際に手を動かしてビジネスを行うということは、中小企業を除き、ありえない。農業法人そのものの競争力を強化するうえで、この方針は必要なものであると筆者は支持したい。
減反政策廃止等、農業に関する規制緩和は今後どんどん進んでいくと思う。この時代の流れは筆者としては賛成だが、今まで農業を専ら仕事としてきた人たちの雇用や収入を守れるのかということは論点だと思う。
当サイトとしても、今は有機野菜宅配に関するビジネスを実施しているが、来年には農業を産業として支える一翼を担える存在となりたいと思っている。

バックナンバー

~前日のコラムはこちら~